2006年05月31日

何故犬が欲しかったのか?

DVC00042.JPG


去年の夏に80歳の父が病気で入院をした時に
主治医から宣告された病が「悪性リンパ腫」
ずーと我が家の柱だった父がもうおそらく生きて帰れないだろうと
思った時、寂しさと同時に「犬が欲しい」と漠然と考えた私
そして去年の11月に父が亡くなり・・・

20数年間猫を飼い続けて、意と反した別れが多すぎ
思いっきり傷ついた私でした(もう猫は・・・いいかな?哀しいよ)

2月13日に一泊で旅行へ出かけた私の元へ届いた母からの電話
(菖蒲が行方不明になった)
とても愛らしい猫でした・・・以後行方不明の間々
どうしても哀しみで空いた心の穴が塞がらなかった(泣)
やはり犬を飼うことにしよう!と決断!

じゃ何の犬種?いつかCMで見たあの可愛らしいウエスティが欲しいな
それからが大変でした、右も左も解らない犬の世界の事?
獣医さんからはウエスティは皮膚が弱いから止めなさいと反対され!
その忠告も聞かずに
2ヶ月間探して探して或るサイトを発見!一目ぼれした可愛い仔犬
もし?この仔が写真の様な仔犬じゃななくても
もし?弱い仔でも、縁だからこの仔の飼い主になろうと決意して
飼うからには責任重大なんんだと自分に言い聞かせ
大反対の母に土下座をして了解をもらい。
私の元に雛子を迎えました。

私の元に届いた雛子はやはり皮膚の状態は痒いようです
でも、痒い痒いも私が引き受けました!
半端じゃないイタズラっ子でめっちゃ可愛いですよ。


ニックネーム 女将 at 00:49| Comment(6) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする